越境ECの革新的なソリューション 株式会社ACD

Joint Venture Group Company

Carry Your Dream あなたの夢を運ぶ

数多くのグローバル企業にご採用いただいている、多言語・多通貨対応の越境ECシステム「マルチリンガルカート」。12言語30通貨に対応し、海外への配送にも標準対応。高い拡張性と柔軟性で、イメージ通りの越境ネットショップをスピーディーに開設することができます。

MORE

2016年4月より中国で導入された新たな関税制度に対応し、通関用に商品を事前に登録することで日本から中国向けのBtoC直送物流をより早く、確実に実現します。ACDの事前通関用商品登録システム「EKKYO.NET」は、中国税制度改革に対応したオンリーワンサービスです。

MORE

日本品質保証での専用梱包による、日本から中国への短納期Door to Door配送サービス。さらに中国越境EC消費者の不安要素である偽物•偽装問題や配送時間の長さ、包装•梱包の雑さ、各種税金のトラブルなどの諸問題をすべて解消したスキームにより優遇された新越境EC税率を適用し、中国の消費者に安心して商品を届けることができます。

MORE

導入者実績多数! 信頼と安心のサービス!

Oisix FELISSIMO

海外向け多言語ネットショップ
マルチリンガルカート

多言語対応

日本語、英語、中国語など
12言語に対応

多通貨対応

30の通貨に対応
対応通貨では参考価格の表示も可能

海外配送への配慮

複数配送方法を選択可能
送料の自動計算にも対応

海外で主流の決済に対応

Paypal(ペイパル)や中国向けAlipay、
各種クレジットカードなどにも対応

独自ドメインが利用可能

SSLも標準装備で
独自ドメインが使用可能

独自デザインに柔軟に対応

テンプレートはもちろん
オリジナルデザインの編集も可能

サービスサイトを開く

越境ECを強力支援!
事前通関用商品登録システム

より早く、確実に

中国の新税制度に対応し
事前通関を実施

事前通関をEC運営フロー内で

「マルチリンガルカート」での
EC運営業務内で確実に処理

2016年リリース

EKKYO.NETへのお問い合わせは
以下までお願いいたします

お問い合わせはこちら

商品を海外へ安心・格安でお届け
国際宅配サービス

越境ECサービスにおける輸送トラブルや関税の問題を一手に解消。中国向け商品の事前通関により、中国の消費者は優遇された税率で商品を安心購入。

梱包から通関、輸送までのすべてを自社グループ企業で対応することで、安全性の向上とスピーディーな配送を実現しています。

航空輸送に特化した専用梱包と事前通関を済ませた配送スキームにより、発注から最短5日程度で中国のお客様に商品をお届けすることができます。

お問い合わせはこちら

NEWS & TOPICS ニュース&トピックス

リリース

株式会社ACD、ANAホールディングス株式会社、Tencent騰訊(中国)、KEB HANA CARD(韓国)、による4社間MOU(Memorandum of Understanding)締結について

株式会社ACD(以下、「ACD」という。)は、2017年2月23日、同社の株主であるANAホールディングス株式会社(以下「ANA」という。)とともに、中国最大のSNSサービス※1We Chat(微信)および※2We Chat Pay(微信支付)を運営するShenzhen Tencent Computer Systems Co.,Ltd(以下、「テンセント」という。)と、韓国金融業界の最大手であるHANA Financial Group傘下のKEB Hana Card Co.,Ltd(以下、「Hana Card」という。)との4社間で戦略的パートナーシップにおけるMOUの締結を行いました。

これにより、ACD、ANA、テンセントおよびHana Cardの4社間の相互信頼の下、ACDが来月より開始するWEBトライアル版 直送型越境ECプラットフォーム『※3 ANA Cargo Direct Mall(以下、「ACDモール」という。)』とWe Chat・We Chat Payとの連携により、日本における相互の活性化を図り、ACDとANAグループの国際物流リソース(ANAグループ貨物部門)の協力体制の下、越境ECの新たな時代を切り拓いていくことで合意しました。

 今回の提携により、ACDはテンセントが運営する月間アクティブユーザー数約8億人の中国最大のSNSサービスWe Chat及びモバイル決済サービスWe Chat Payとの包括的な連携を行います。テンセントは中国在住および訪日中国人におけるWe ChatユーザーへACDモールのプロモーションおよび誘致を全面的に実施することで、同モール上におけるWe Chat Payの利用率を高め、ANAはBtoC国際物流の拡大を見込みます。またHANA Cardは、日本におけるWe Chat Payの決済システムの精算業務を請け負います。ACDは中国におけるACDモールの認知度向上および会員獲得、販売促進を見込みます。

今回のMOUは、日中韓を代表する企業がACDのECプラットフォームを全面的にサポートすることで、各社の相互利益に供することを目的としております。

ACDモールに参加している日本国内の企業、取り扱い商品の主要なメーカー数は、すでに300社を超える状況であり、今後、さらにメーカー数および取り扱い商品を増やしていく予定です。将来的には、ACDプライベートブランドの販売展開を視野に入れ、各国に日本の高品質な商品を直接、海外個人顧客へお届けすることを計画しております。

今後、ACDは越境ECビジネスにおいて、コンプライアンスを遵守した真のBtoC越境ECプラットフォームとして、日本や世界の良品を世界中へお届けできるよう努めて参ります。

※1「We Chat」=スマートフォンで、無料通話やチャットが楽しめるSNSアプリ。中国IT企業大手のテンセント社が提供するサービスで、中国語では「微信(ウェイシン)」。

※2「We Chat Pay」=SNSアプリWeChatに付帯する決済サービス。特長として、オンライン決済、アプリ内決済はもちろん、タクシー料金の支払、公共料金の支払、店舗におけるスキャン支払なども可能。

※3 「ANA Cargo Direct Mall」=海外向けBtoC越境ECプラットフォーム。まずは「中国向けWeb版トライアルオープン」として、2017年3月からスタートし、さらに同年中には「Web版+アプリ版グランドオープン」する予定。

≪お問合せ先≫

  • 株式会社ACD 営業統括部 広報担当
  • 担当:園田康博
  • E-Mail:sonoda@a-cd.co.jp
  • TEL:03-5646-7885 FAX:03-5646-7886

【ACDの概要】

社名 株式会社ACD/ACD INC.(http://www.a-cd.co.jp
設立日 2016年3月1日
所在地 東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 虎ノ門ツインビルディング東棟17階
代表取締役 代表取締役 兼 CEO 佐藤貴夫
出資比率 株式会社ACDホールディングス:66.7%
ANAホールディングス株式会社:33.3%
事業内容 越境ECサイトの運営、関連するシステムの企画・開発
物流・システムに関するコンサルティング及びアウトソーシング受託
トピックス

中国向け越境ECにおける新たな物流サービス開始

  • ■中国の新通関申告制度(4月8日導入)に対応した物流システムを提供
  • ■中国向け越境ECの迅速な輸送において重要な事前通関用商品登録をシステム化
  • ■中国税関の指定業者であるANAグループの国際物流網を活用

 越境EC物流事業者である(株)ロケーションホールディングス傘下の株式会社ACD(本社:東京都港区、代表取締役社長 佐藤貴夫、以下ACD)は、ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 片野坂真哉、以下ANAHD)よりの出資を受け、中国向け越境ECにおける物流ソリューション「新越境EC物流サービス」※1の提供を来月9月から開始します。

中国政府は、4月8日に新たな通関申告制度「輸入電商モデル(EC通関)」を導入し、関税の適正納付に向けた規制強化を進めています。新たに展開する「新越境EC物流サービス」は、既に世界109ヶ国で販売実績を誇る越境ECプラットフォーム“マルチリンガルカート”を運営する弊社ACDがこれまで培ってきたノウハウを活用して、OCS中国と連携の下、新通関申告制度に対応した事前通関用商品登録システム『EKKYO.NET』※2と、ANAグループが展開する安全且つ確実な高速一貫輸送を組み合わせた日本で初めて提供される中国向け総合越境ECソリューション(サービスモデル)となります。

 これまで中国向けEC貨物の輸送・通関においては、現地制度への対応不足等により消費者への遅配・未達といった事例も散見されましたが、今般新たにスタートする「新越境EC物流サービス」は、EC貨物の新通関申告制度への対応、高速一貫輸送という2つの強みにより、中国向け越境EC市場および日本のEC事業者の双方の健全な成長に寄与できるものと考えます。
 今後、今般の「新越境EC物流サービス」の展開とともに、弊社の既存顧客や国内大手家電量販店など越境EC事業者に対する「新越境EC物流サービス」の提案・物流面でのサポートに加え、越境ECモールの運営等も検討していきます

≪お問合せ先≫

  • 株式会社ACD 営業統括部
  • 担当:古居宗道
  • E-Mail:furui@a-cd.co.jp
  • TEL:03-5646-7885 FAX:03-5646-7886

※1『新越境EC物流サービス』とは

ANAグループがACDと提携して提供する、中国の新しいEC通関制度に対応した事前通関型越境EC物流サービスの名称。ACDの提供する事前通関用商品登録システム「EKKYO.NET」を通じて登録されたデータをANAグループの中国現地法人である欧西愛司物流(上海)有限公司(OCS China)を通じて事前に登録することで、ANAグループの一貫輸送で中国の消費者まで確実に商品を届けることが可能な新しいサービスのこと。

※2『EKKYO.NET』とは

2016年4月より中国で導入された新たな新税制度に対応し、通関用に商品を事前登録することで日本から中国向けのBtoC直送物流を、より早く、そして確実にお届けする新サービス。次世代型通関登録システムのデファクトスタンダードを目指したもの。

【ACDの概要】

社名 株式会社ACD/ACD INC.(http://www.a-cd.co.jp
設立日 2016年3月1日
所在地 東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 虎ノ門ツインビルディング東棟17階
代表取締役 代表取締役 兼 CEO 佐藤貴夫
出資比率 株式会社ロケーションズホールディングス:66.7%
ANAホールディングス株式会社:33.3%
事業内容 越境ECサイトの運営、関連するシステムの企画・開発
物流・システムに関するコンサルティング及びアウトソーシング受託
トピックス

越境EC”まるごと”フェスティバル2016 in 東京にご来場いただきありがとうございました

ACDは、7月25日(月)にベルサール新宿グランドにて行われた「越境EC”まるごと”フェスティバル2016 in 東京」に出展いたしました。 また、プレゼンテーションルームでは、中国新越境EC税制に対応したECサイト構築についてのセミナーを行わせていただきました。 ご多忙中にも関わらず弊社ブース並びにセミナーへ足をお運び頂き、まことにありがとうございました。

越境EC”まるごと”フェスティバル2016 in 東京
日時:2016年7月25日(月)
会場:ベルサール新宿グランド コンファレンスセンター

リリース

越境ECプラットフォーム「マルチリンガルカート」の営業譲渡完了のお知らせ

株式会社ACD(東京都港区虎ノ門、代表取締役:佐藤貴夫)とWIPジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役:福 良雄) は、本日付をもって、株式会社ACDに対するWIPジャパン株式会社が運営する越境ECプラットフォーム「マルチリンガルカート」の営業譲渡を完了した。

会社名 株式会社ACD
本社 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1
虎ノ門ツインビルディング東棟17階
電話番号 03-5646-7885(マルチリンガルカート担当部署直通。4月4日より)
FAX 03-5646-7886(マルチリンガルカート担当部署直通。4月4日より)
E-mail support@multilingualcart.com (事業移管による変更はございません)

※本件に関するご不明点は、マルチリンガルカートサポートセンターまで

【マルチリンガルカートサポートセンター】
営業時間:平日10:00~18:00、土日・祝日休業
メール:support@multilingualcart.com フリーダイヤル:0120-961-145

リリース

株式会社ACDとワールドインテリジェンスパートナーズジャパン株式会社
(WIPジャパン株式会社)は翻訳及び国際マーケティングリサーチにおける戦略的パートナーシップ契約を締結

株式会社ACD(東京都港区虎ノ門、代表取締役:佐藤貴夫)とWIPジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役:福 良雄) は、本日、対中国向けBtoC国際宅配サービス事業における翻訳業務にて戦略的パートナーシップ契約を締結しました。この契約により、株式会社ACDの対中国向けBtoC国際宅配サービス事業にて使用する事前通関用商品登録システムと、WIPジャパン株式会社のクラウド翻訳サービス「訳す YAQS」とをAPI連携させ、両社の高い技術力と専門性が有機的に結合し、新たなビジネスモデルを創出することはもとより、業務効率面での高いシナジー効果が期待されます。
また、株式会社ACDは対中国向け越境ECにおける国際配送・物流業務以外にも全世界向け越境EC事業を強化推進していく方針であり、WIPジャパン株式会社の世界210か国2131万人向けネットリサーチ及び世界89か国414都市の現地スタッフネットワークにより、国民性、現地文化、言語を踏まえた調査設計と分析力による国際マーケティングリサーチ分野でも提携する予定です。

top